カテゴリー
未分類

【衝撃】前山剛久を知る知人が話す神田沙也加との関係の真相がヤバかった!事件はあの国のクーデターと関係が⁉

こんばんわ。去年12月に亡くなった松田聖子さんの娘の神田沙也加さんが亡くなってもう3か月です。

今回は2人目の婚約者で芸能活動を休止してる前山剛久の新たな話題も掘り下げていくんですが、沙也加さんが亡くなってまもなく前山のDVの報道があってから本人が僕たちは付き合っていた宣言で突然芸能活動を休止。

世間を驚かせて何も話さずに休んだので週刊誌の亡くなる直前のDVを信じる国民も多いはずです。黙ってることが本当だと感じるのも無理ないんです。

前山剛久が仕事に復帰できないのが沙也加さんの突然の死なのはわかりますが週刊誌を信じるものが
多すぎて出れないのなら会社もどうしてタレントを守ろうとしないのか。精神崩壊したのがDVをばらされたからなのか。三浦春馬さんの事件のように神田沙也加さんの真相は誰も知りませんが、自死でなくてCIAも関係した事件の可能性もあります。

今回は事件の真相に迫るのではなく最近わかった沙也加さんと前山のこれまで明かされなかった結婚などの予定。果たせなかった今の前山の心境も調べてみました。

世間一般では沙也加さんは恋人に暴言を吐かれ自死したというけど、やはり絶対窓からを落ちてないと確信して言えます。沙也加さんが亡くなる前に遺書を2通書いてホテルの部屋に置いたそうですが、そのうち一通が前山宛だったそうですね。しかし前山の知人の意見は違っていて遺書そのものすら誰もみていないそうです。警察の証言に違和感を持っていたんですが、警察も遺書を見ていないそうです。

2通の遺書はデマだった可能性高いですね。それで沙也加さんと前山は結婚後に住む物件を探してましたが一度契約したマンションを解約するよう沙也加さんに頼み口論になります。

週刊誌ではこの後の一言でとどめを差したと報じましたが、その後仲直りしているというんです。
実は報道と真逆でその後ラインで前山は沙也加さんを優しくなだめいて何度も喧嘩しては仲直りして
結婚についてはお互い本当にしたかったそうです。前山は140万円の婚約指輪を購入して親族にあいさつしていたことが新たにわかりました。

報道後に松田聖子さんの前山に対する怒りは何故か気になります。聖子さんは音楽活動を再開する動きがありますが聖子さんの華やかなイメージのため、前山を訴えることはしないと予想しています。

突然娘を亡くしたショックで外出すら難しかったのが今では、4月の都内のディナーショーの準備ができるくらい前向きになったとされてます。なのできっと前山とは会いたくない気持ちが強いと思います。それはさておき前山と沙也加さんが婚姻届けを出した日に僕は驚きを隠せませんでした。開運日と言われる一粒万倍日の1/11だったそうで、この1が3つ並ぶ数字はイルミナティを思わせます。

ミュージカル初日で数時間後に公演予定だった当日にしんだりするか、ということです。話ができすぎているので、ずっと疑わしいと思っていました。前山の知人の話を合わせると2人の口論は本当だったようですが、遺書はなかった。

そして事件前に沙也加さんはお父さんの神田正輝さんと話していた。事件があったホテルの部屋で。
その2時間、いや1時間の間で何があったかですね。僕はこの沙也加さんの事件に関してCIAと関係があると思ってるのはホテルそのものがイル〇ナティ企業でホテルの入り口から内装までイル〇ナティ的でした。


そして、事件から2ヶ月ほどで北京オリンピックが始まり、その閉会式をする直前にロシア軍のウクライナ侵攻が始まり、本格的な戦争が始まりました。全てが繋がってように思えます。プーチン指揮下の元ロシア軍の戦争に中国が影で繋がってるのも事実です。国の裏側が見え隠れして見せないのが怖いんですよね。

島の水面に浮かぶもう一つの黒い影が活発化していて、隠し切れない状態だったのだと思います。皆さん、思い出してほしいんですが、僕このチャンネルで何度もオリンピックの後には戦争になるって何度も言ってました。


僕の予言がまた当たりました。そうなんです。僕は嫌な予感て大抵当たります。自分に降り注ぎそうな嫌な予感はよく当たりますが回避するのは難しいです。もう変えられない状況まで準備されてしまっている出来事は僕の手には負えないのです。しかし、去年言っていたオリンピックの後の戦争を的中させました。このことを覚えておいてください。

そして、なぜ沙也加さんの事件があったかは、日本におけるウクライナ戦争の合図により犠牲になったのかなっと思ってます。北京オリンピックの最中ロシア軍の侵攻が始まったのなら中国政府がロシアの為に口を閉じていたかもしれませんね。しかし、イル〇ナティは人の命を何だと思ってるのか。

何だかこれまでのウクライナ戦争で数え切れない人が亡くなりましたが、沙也加さんの死がスイッチと
考えてる自分がいます。沙也加さんの命日の12/18ロシアの軍がウクライナ侵攻の準備をしていたのは言うまでもないですがロシア軍の計画を勘づかせないために沙也加さんの報道でかく乱させたのなら、日本のメディアはロシア中国の計画を手伝ってることになります。

今メディアではプーチンは悪者となってますが沙也加さんの事件があった12月から1月においてさまざまなニュースでロシア軍の計画から日本国民の目をそらさせたのは事実です。

それくらいテレビは国民を騙す恐ろしい怪物なのです。沙也加さんは一体最後何を見たのか?
一番彼女と近しい人物の前山剛久が何を話すかでもっと事件の考察ができると思います。

作成者: まねきねこの知って得!ブログ

生きていく上で絶対に知らなければ事、欲しいの物を努力しないで見つける術などをブログで紹介していきたいと思います。ブログのテーマに沿った商品を紹介しています。皆さんの役立つブログをどんどん投稿してまいりますのでよろしくお願いします!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中