【衝撃】漫画家手塚治虫さん50年前にパンデミックの現在を予言していた漫画を描いていた!?手塚さんが生涯最も憎んだのはあの世界的に有名な漫画家だった!!理由を知ってファンは騒然!

ミステリー
出典:手塚プロダクション

どうも、まねきねこです!

手塚治虫さんの漫画で有名な作品には「鉄腕アトム」「火の鳥」「ブラックジャック」「ジャングル大帝」「リボンの騎士」「三つ目がとおる」があります。

 

今回は、漫画の神様手塚治虫さんが亡くなる直前までのファンが意外と知らなかった手塚さんのとったある奇行と、生前最も嫉妬した漫画家、そして50年後の今を予言した凄いワダイをしたいと思います。

①手塚治虫さんは医師免許を持っていた

資金調達はファクタリングで!【ネクストワン】法人専用

漫画家としての印象が強い手塚治虫さんですが実は漫画以外にもアニメ監督を務めたり医学博士でもあるんです。医師免許も当然あります。手塚さんの少年時代には戦争があって漫画は禁止されていた時代なので医学に行ったのでしょうね。

 

戦後漫画家を目指したのを考えると本気で医者になるつもりはなかったように思えます。漫画家になってもブラックジャックなどの作品で医学がとても役にたっているように思えます。

②手塚治虫さんの死因はスキルス胃癌の可能性あり

多くの名作を世に残して今でも多くのファンや漫画家の憧れにされてきた手塚さんですが1989年平成元年の2/9に60歳の若さで亡くなりました。死因は病死とされていますが、正直ファンも曖昧で手塚さんの最期を語れる人は意外と少ないんです。亡くなる1年前に突然腹が激痛に見舞われて病院に搬送された時、医師からはスキルス胃癌と言われた手塚さん。手術で胃の4分の3を切除したようです。

プライベートジムRIZAP

②‐1 最期まで漫画のペンを下さなかった

それから入院前より痩せた手塚さんはどんどん体調が悪化して亡くなる3か月前にはすでに末期状態であり胃から肝臓まで癌が転移していたようです。それでも手塚さんは最期まで漫画を描くことをやめようとしなかったようです。亡くなる10日前にようやくというかやっと手塚さんは自分の症状を手塚プロの社長の松谷孝征(たかゆき)さんに聞いて知ったそうですが胃癌であることも手塚さんは知ることはできなかったようです。

 

ムム、これはどういうことか。既に末期状態の手塚さんを配慮して病名は教えなかったということでしょうが、さすがに入院していたそうですが病気を受け入れたくない手塚さんはひたすら漫画の連載のために奥さんや医者を振り払って漫画を描いていたようです。

 

②‐2 スキルス胃癌の生存率は低い

手塚治虫さんの亡くなる直前まで漫画を描こうとしていた執念は素晴らしさと恐ろしさを感じます。

結局手塚治虫さんがスキルス胃癌になった根本的な理由はわかってませんが、遺伝子変異が原因と考えられているそうです。因みに5年生存率は7%未満と言われてます。

自由テキスト

今でも発症原因がわかってないので発見が遅れる可能性もあるのがこのスキルス胃癌だそうです。ただ、一方で人為的に人に癌を引き起こさせるのは今の医学では不可能ではないと思います。もしそういう事をされるならCIAに狙われたと言えるでしょうね。

 

③手塚さんが新型コロナ株のオミクロンを半世紀前に予言した漫画『サンダーマスク』

手塚治虫さんは個人的にイルミナティに目を付けられていた可能性があるなと思うので理由を紹介します。

 

手塚治虫さんは1972年から1973年に連載していたヒーロー漫画「サンダーマスク」で現在の令和で流行っている厄災と世界情勢を予言していたことで話題になりました。

それは漫画のキャラがオミクロンという言葉を叫んで踊るシーンです。

 

変異株の1つとされるそれは現在でも変異して厄介なものに進化していると囁かれています。踊ってるキャラはイルミナティ悪魔崇拝で使われる三角頭巾に似てます。

 

③‐1 大友克洋さんの『AKIRA』は2020年の東京オリンピックを予言した

 

50年前連載していた漫画が50年後の今流行る世界を予言していたのは凄い話です。漫画が未来を予言する話は他にも聞いた事があります。大友克洋さんで有名なAKIRAでは東京オリンピックが中止することを予言していて、ジョジョの奇妙な冒険の第3部ではアメリカの歴史的テロを的中させています。

 

漫画家が予めイルミナティが引き起こす歴史事件を漫画にしたとも言えそうですが手塚治虫さんの場合はどおだったんでしょうか?

ココナラ

そういえば、人は追い込まれると時間も空間も超越した能力を発揮すると言われてます。

 

奇跡というのはこういうものを言うのでしょうか?でもこれは人類における警告だったのかもしれませんね。無意識の警告。

③-2 漫画『サンダーマスク』の内容

本来50年後の世界がどおなるか手塚さん自身わからないはずです。このサンダーマスクという漫画は72年から73年に週刊少年サンデーに連載していた作品です。

 

ストーリーは宇宙から落ちた隕石にガスがあってそのガスによってサンダーという鳥人間になり怪物と闘います。絵を見た所石ノ森章太郎さんのような画風です。正直今連載するには内容が単調で絵が古すぎます。昭和ではこのような漫画が人気があったそうですが実は会社が倒産して手塚さんはかなり追い込まれていた時期に描いた漫画だったようです。

フリーランスにも対応!請求書買取なら即日AIファクタリングのPAYTODAY

③-3 追い詰められて描いた事で未来にリンクし予知できたか

あの有名な「どろろ」の連載後4年ぶりにサンデー連載でしたが人気なかったようです。手塚さんの作品でも名作にならなかったもので、当然読んだことないですけど面白そうに見えません。すいません。しかしどろろは名作でした。

 

なんていうか、手塚さんに限らず締め切りに追い込まられてる状態で作者がテレビとか権利のことで会社のこと考えていたらヒットを望める作品て描けない気がするんですよね。まあパンデミックを予想した漫画としてかなり謎が多い漫画です。

 

④手塚治虫さんは大友克洋さんを嫉妬していた?

大友克洋さんのAKIRAを読んだ手塚さんは嫉妬を隠し切れなくて大友さん本人に「私でも描ける」と言ったそうです。すごい重たい空気だったんでしょうが、後に手塚さんは虫眼鏡で大友さんの作画を誉めたそうです。

 

自分はデッサンができないと素直に認めて大友さんの狂いのない絵を見て感心したようですが、それでも落ち目だった手塚さんにとって若くて才能ある人気作家の存在がいかにプレッシャーだったか想像できます。

“快適な生活”と資産”の両方が叶う住宅購入「ieyasu(イエヤス)」

 

アニメにもなった世界的有名なAKIRAの冒頭で爆弾が東京に落とされた描写も今後起きるイルミナティのシナリオだったら怖いですね。

日本の漫画のシーンを世界のどこかで起こすというのは、もしかしたらあり得るかもしれない。共感してもらえたら嬉しいと思います。

⑤まとめ《手塚治虫さんは漫画家を遥かに超えた能力に目覚めていた‼》

今回は漫画家、手塚治虫さんの死因やコロナパンデミックにまつわる予言を紹介させてもらいました。

本当に50年後の未来で実現されるなんて、時間を超越した力を手塚治虫さんにはあったのかもしれませんね。

 

多くの漫画の名作を残している手塚治虫さんは、医師免許を持っていながら漫画家になるなど驚くべき経歴があります。そんな手塚治虫さんだからこそ不思議な力を時に使えたと思うと納得がいきますね。

 

それでは、ご視聴ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました